砂利が大切

家の雰囲気に合った砂利選びを

家の庭などによく使われる砂利ですが、意外とその種類は多いので建物や庭の雰囲気にマッチするものを選ぶことが大切です。 たとえば、和風な家なら枯山水を想起させる五色砂利がよく合います。庭だけではなくお墓などにも使われる日本では定番の砂利のひとつです。 洋風な家の場合は、レンガから作られたブリックチップがおすすめです。 さらに、モダンな雰囲気の庭であれば、落ち着きのあるイメージの青緑砕石などはいかがでしょうか。 他にも、高級感を持たせるなら黒と白の玉砂利がありますし、耐久性を重視するのであれば鉄成分を含む錆砂利がよいでしょう。 砂利を変えるだけで庭の表情はがらりと代わりますので定期的に色々と試してみるのも面白いかもしれません。

砂利の効果的な活用方法

庭などでガーデニングを行う際、何かと活躍する名脇役として「砂利」の存在があります。何かと登場してきて使い勝手はいいのですが、上手に使わないと目的の効果が半減したり、見た目もみすぼらしくなったりすることもあります。 砂利の活用方法の一つとして、雑草が生えてくるのを防止する機能の目的で砂利を撒く場合があります。現在はホームセンターなどに行くと、見た目も鮮やかな石や形の個性的な石などが販売されており、家の雰囲気などに合わせてチョイスすると、雑草防止以外の見た目の面でも役立ってくれます。石の大きさも重要で、大きな石になってくると配置やバランスにも工夫が必要になってきます。 このように砂利は上手に使う事によって、一鳥二石の効果が期待できます。